産前・産後の腰痛でお悩みの方へ

  産前・産後の腰痛でよくあるお悩み

  • 腰の痛みが
    ひどく、
    夜も眠れない

  • 産前から
    産後にかけて
    骨盤あたりが
    ピキピキと痛む

  • 出産後に
    腰痛が悪化した

  • 腰の痛みが強く
    家事ができない

産前・産後の腰痛の原因を
知って対策をしましょう

産前・産後は、ホルモンバランスの影響で骨盤が緩みやすい時期でもあります。

 

そのため、骨盤矯正などを行わずそのままにしていると、
ゆがんだ状態で骨盤が固まって
腰の痛みが長期間続く可能性があります。

 

ここでは産前・産後の腰痛の原因や対策方法について
ご紹介していきます。

産前・産後の腰痛で
お悩みの方に
おすすめのメニュー Recommend Menu

産前・産後の腰痛が起こる原因

産前・産後の腰痛は、そのまま放置してしまうと、腰痛以外にも身体のさまざまな部分に不調が生じやすくなります。

ここでは産前・産後の腰痛の原因についてご紹介します。

 

【産前の腰痛の原因】

 

〇ホルモンの影響

妊娠すると「リラキシン」というホルモンの分泌量が増加します。

このホルモンには、出産時に赤ちゃんが産道を通りやすくするため、骨盤まわりの靭帯を緩める作用があります。

そのため、骨盤まわりの関節が不安定になって、周辺の筋肉に負担がかかることで腰痛が発症します。

 

〇反り腰

お腹の中の赤ちゃんが成長すると、お腹が大きくなり、妊婦さん自身の体重も徐々に増加します。
すると身体の重心が前側に移動するため、無意識に背骨を反らせ、お腹を突き出した姿勢(反り腰)になります。

その結果、腰まわりの靭帯関節筋肉に負担がかかり、腰痛を引き起こします。

 

〇下半身の血行不良

妊娠後期になると、子宮が大きくなり、お腹や骨盤内で血管を圧迫するようになります。
そのため、血行不良が起こって腰や足などが冷え、腰痛が生じやすくなります。

 

【産後の腰痛の原因】

 

〇骨盤底筋群の緩み

骨盤底筋群とは、骨盤の底をハンモックのように覆っている筋肉のことを言います。
妊娠中にお腹が大きくなることで骨盤底筋群が伸ばされ、出産とともに緩みやすくなります。

この骨盤底筋群が緩むと、上半身の重さを支えきれなくなり、下半身からの衝撃もうまく分散できなくなってしまいます。

その結果、腰に大きな負担がかかって腰痛が生じやすくなります。

 

〇育児中の姿勢

授乳ミルクづくり抱っこおむつ替えなどの作業は、腰に大きな負担がかかります。
私たちの身体は前かがみになると、骨盤腰椎が開きやすくなります。
すると、腰に負担がかかるだけでなく、腰まわりの筋肉が緊張し、腰痛を引き起こすことがあります。

特に、初産の方は授乳に慣れないと時間がかかって、同じ姿勢が続くため、腰痛が発症しやすくなります。

 

〇腹筋の緩み

妊娠中は、お腹に赤ちゃんがいるため腹筋が緩んできます。
そのため、出産後も腹筋に力が入りずらい状態が続き、腰に負担がかかって、腰に痛みを感じやすくなります。

また、お腹が大きくなって、反り腰になると腹筋が衰えやすくなります。
腹筋が衰えると、正しい姿勢を維持することが難しくなり、腰痛に繋がるケースが多いです。

 

〇筋力不足

育児や家事で忙しいと、なかなか運動時間を確保することが難しくなります。
そのため、全身の筋力が低下してしまいます。

骨盤が緩んだ状態で腰まわりの筋力が低下すると、腰痛を引き起こしやすくなります。

 

〇ストレス

産後の腰痛はストレスから起きることもあります。
赤ちゃんの夜泣きおむつ替えなどによって、時には寝る時間も短くなってしまいます。

産後は、赤ちゃん中心の生活になるため、睡眠不足や休む時間が減って、ストレスが溜まりやすくなります。
その状態が続くと自律神経にも影響して、筋肉が緊張したり、疲れが取れにくくなったりします。
その結果、腰痛を引き起こすことがあります。

産前・産後の腰痛の対策について

産前・産後の腰の痛みが続くと、家事や仕事にも支障がでてしまいます。

特に産後は生活スタイルが一変し、ストレス育児疲れなどから腰痛が発症しやすくなります。

そのため、産前と産後で腰痛対策をきちんと行うことが大切です。

ここでは簡単にできる対策方法をご紹介します。

 

【産前の腰痛の対策】

 

〇適度な運動

「ストレッチ」「ウォーキング」によって身体を動かすことで、ストレス発散や体力維持、血液循環の回復が期待できます。

その結果、腰痛の改善に繋がりやすくなります。

また、「マタニティヨガ」「マタニティスイミング」「マタニティビクス」など、妊婦さん向けの運動に参加してみるのもおすすめです。

 

〇姿勢に気をつける

妊娠中の反り腰の姿勢は、背中や腰へ大きな負担がかかります。
そのため、背筋をまっすぐにして正しい姿勢を意識するように心がけましょう。
立っている時に横から見て足のくるぶし膝の中央骨盤が一直線になるように意識することがポイントです。

頭のてっぺんから糸が通り、上に引っ張られているイメージを持つと良い姿勢をつくりやすくなります。

また、「足を組んで座る」「いつも同じ方の手で荷物を持つ」などの癖によって姿勢が悪くなっていることもあるので、注意しましょう。

 

〇身体を温める

妊娠後期にみられる慢性的な腰痛は、身体を温めることで血行が促進され、痛みが緩和されやすくなります。

「お風呂でゆっくりと湯船に浸かる」「身体を温める食べ物や飲み物をとる」「ホットパックや使い捨てカイロを使用する」などして、腰まわりや身体全体をきちんと温めてあげましょう。

 

【産後の腰痛の対策】

 

〇コルセットやサポーターの装着

妊娠から出産にかけて緩んだ骨盤や靭帯は、元に戻るまでおよそ3か月ほどかかると言われています。
その期間、骨盤ベルトサポートを装着することで、腰への負担を軽減できます。

ただし、装具類には腰を安定させる働きがありますが、長期間つけていると腰まわりの筋力が低下するため、注意が必要です。

 

〇ストレッチ

産後は骨盤まわりの筋肉が緩むことで骨盤がゆがみ、腰痛に繋がることがあります。
そのため、骨盤まわりの筋肉をストレッチによって伸ばし、正しい張力に戻すことで、腰痛の改善が期待できます。

ここでは自宅で簡単にできるストレッチを2つご紹介します。

 

・腰をひねるストレッチ

腰の筋肉をメインに、お尻と太ももの外側を伸ばすストレッチです。

① 仰向けに寝て、 両手を横に開くように伸ばします。

② 右脚を曲げ、左の太ももをまたいで倒しましょう。

③ 左手で右膝を床側に押して、お尻と太ももの外側を伸ばします。を④反対側も同様に行いましょう。

※このとき右肩が浮かないように意識しましょう。

このストレッチを、左右30秒を2セットずつ行うことがおすすめです。

 

・腸腰筋のストレッチ

「腸腰筋」というお腹の奥の筋肉を伸ばすストレッチです。

① 立った姿勢から脚を前後(右脚を前、左脚を後ろ)に大きく開き、後ろ脚の膝を床につけます。

② 右脚に体重移動させ、 左脚の付け根の腸腰筋が伸びていることを意識しましょう。

③ 左手を上げ、上体を右に倒し、腸腰筋を伸ばします。

④ 反対側も同様に行いましょう。

左右30秒を目安に3セットずつ行うことがおすすめです。

 

〇整骨院へ行く

整骨院では、妊娠や出産によって広がった骨盤を、さまざまな手技専用器具などによって正しい位置に戻していきます。
施術を受けることで、正しい姿勢を維持できるようになり、腰への負担が軽減することで腰痛の改善が目指せます。

草加鍼灸院整骨院の
【産前・産後の腰痛】アプローチ方法

当院ではまず、カウンセリング姿勢分析で痛みの原因をしっかりと把握していきます。

産前・産後の腰痛は患者様のお身体の状態生活スタイル・生活動作など、さまざまな要因によって原因や症状が大きく異なります。

例えば妊娠されている場合は何ヶ月目なのか、産後の場合はお子さまが何歳でどのような性格でどんな遊びや行動が多いのかなどです。

これだけの要因でも腰痛の原因や症状、痛む場所は変わってきます。
さらに他の多くの要因が加わることで大きな違いとなって、お一人お一人のお身体の特徴として症状にあらわれるのです。

当院ではそれらを考慮して原因をしっかりと追究し、患者様お一人お一人の状況と状態に合わせたオーダーメイドの施術を行ってまいります。
施術メニューは「鍼灸」「カイロプラクティック」「マッサージ・もみほぐし」「矯正」等の中から、原因と患者様の施術へのご要望を踏まえて、お一人お一人に最適な施術をご提案いたします。

また、施術後のサポートやケアもしっかりと行ってまいります。
「施術後は調子がよくなっても、しばらくしたらまた症状が戻ってしまう」
というお声を耳にすることがあります。
それでは安心して妊娠・出産・子育てと向き合うことができません。

当院は施術のみならず、適切な運動指導ホームアドバイスを行い、症状の出づらいお身体づくりを目指します。
安心して妊娠・出産・子育てと向き合っていただけるよう、全力でサポートしてまいります。

著者 Writer

著者画像
院長:樫村 正浩(カシムラ マサヒロ)
生年月日:11月28日
血液型:A型
出身:東京都
趣味:映画鑑賞、小説、マンガ
得意な施術:鍼灸、美容鍼、外傷、骨盤矯正、マッサージ
一言:みなさまの心と身体の健康維持増進のお力となれるよう全力で励みます!
 
   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:草加鍼灸院 整骨院
住所〒340-0015 埼玉県草加市高砂2丁目6−19
最寄:草加駅より徒歩1分
駐車場:隣接コインパーキングあり
                                                                   
受付時間
9:00~
11:30
-
15:00〜
20:00
15:00~
19:00
- 15:00~
19:00
定休日:日曜日

【公式】草加鍼灸院 整骨院 公式SNSアカウント 草加鍼灸院 整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】草加鍼灸院 整骨院 公式SNSアカウント 草加鍼灸院 整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】草加鍼灸院 整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中